他に好きな女でもいるのかな

こんにちは、ユミです。

ゆうくんと一緒に水前寺成趣園に出掛けてきて、お散歩してきました。

隣にゆうくんがいるのに、考え事ばかりしていたのです。

ぼけっとしてて、目の前の景色が目に入らず、ずっと上の空でした。

それは6年も付き合っているのに、結婚のことを判断できないと彼は言っていたことです。

それには何か私に至らない点があるからなのか?
それとも私のことを、本気で好きって思えないとか?

もし私の存在が彼の重荷だったらと思うと、眠れないです。
私はこんなにもゆうくんのこと好きなのに、私じゃダメなのかな。
結婚について怒って、重い女って思われちゃったのでしょうか。

彼にとっても、結婚って大事なことだから、結婚相手を選ぶ権利はあるのですが、6年も付き合ってきたのに、今までの関係ってなんだったんだろうか。

私以外の好きな女でもいるのかな。

私の知らない間に、その女と付き合ったりしてるのかな。

一体私の何が気に食わないのか、はっきりと言ってほしいな。

ゆうくんのためなら悪いところ直したいけど、他の女がいいって言うんなら、別れてあげたっていいよ。

ゆうくんにとってのうざい女にはなりたくないから、ゆうくんが振り向いてくれないなら私は諦める。

彼と真剣に話し合いました

こんにちは、ユーミンことユミです。久しぶりの更新となります。

ゴールデンウィークも過ぎて、熊本は熱くなってきました。春というか、もう夏の暑さです。職場は温度管理がしっかりされた病院なので、それほど困らないですけどね。それでも、気温が暑いのは体に応えます。

ただ、体以上に心に応えているのは彼との関係です。前回、喧嘩の話をしましたよね。それで、それ以降半年もダラダラと付き合っているというのが現状という話もしました。

残念ながら、最近も大きな変化はありません。本当にダラダラと続けているだけ。若い子なら、とりあえず今の彼をキープしておいて次の彼見つける~なんて気楽なことが言えるでしょうけど、私はもうアラサー。そんな気楽なことは言ってはいられないのです。

最近、まじめに彼に将来についてもう一度話し合おうということを伝えてみました。前回は怒りながら言ってしまったので、落ち着いて真剣に言ってみたのです。

そしたらゆうくんから、「わかった、俺も実は前から話そうと思っていたんだ」っていう返事が。どうやら、前回の喧嘩の一件で少しは真面目に将来について考えてくれていたらしく、いつ話を切り出そうか悩んでいたとのこと。

で、色々と気持ちを落ち着いてぶつけ合ってみてわかったのは、彼はまだ結婚まで踏み切るほどの覚悟はできていないものの、方向性としてこのままダラダラ続けるのではなく、改めて私たちの関係を振り返って、分かり合ったうえで判断したいと考えているということ。

正直、もう6年以上も付き合っているんだから判断も糞も無いでしょ!って思ったんですけど、それでもしっかりと考えてくれているということ自体は嬉しかったです。なので、もう少し待ちたいと思います。私も、引くに引けない状況なので、ある程度待ったうえで彼の決断を促すようにサポートしていければと思っています。